みっちゃんドキュメント2006・内定式

この文章は、全て事実に基づくものであります。




2006年10月2日、みっちゃんはJ社の内定式へ行きました。

この日は忘れられない日になりました…。

<7:00>
僕は日経新聞の朝刊を見ていました。
すると、内定をいただいたJ社の社長が新聞広告に
出ていたので驚きました。

画像


J社が他の企業とともに持ち株会社を設立し、
その会社が東証一部に上場したことを宣伝する広告でした。
本当に驚きました。

<12:30>
僕は東京駅構内でパンを食べていました。
すると、お酒に酔ったおじさんが絡んできました。
僕はそのおじさんの話に耳を傾けていました。

しかし、そのおじさんをよく見ると、
小指の第一関節より上の部分が無く、
妙に派手な腕時計をしていました。

その後、話を詳しく聞くと、
どうやら極道の世界の人らしい…。

このときは、少し背筋が凍りましたが、
しばらく話を聞いた後、深々と礼をして立ち去りました。

「東京には色んな人がいるな」と思いました。

<13:00>
おじさんに絡まれたせいで、開始5分前にJ社の本社へ到着しました。
そして、13時から内定式が始まりました。

内定式では研修の説明や、事業部の紹介などが行われました。
説明だけでも約4時間かかりました。

その途中で「自己紹介」が行われました。

「自己紹介はしっかりやろう!!」
と前日からはりきっていたのですが、
本番前になるとどんどん緊張してきました。

「みなさんはじめまして、横浜出身の○○と申します」

と言ったのを皮切りに、趣味や特技、特徴について語りました。
30秒しか無かったので、思うように上手くいきませんでした。

しかしながら、後で同期に聞いてみると
「良いキャラしてるね」、「大阪出身かと思った」
という意見がチラホラあり、思っていたよりも
つかみはOKだったようです。

<17:00>
内定式が終わると、J社本社の地下にある食堂で
懇親会が行われました。

この時に、同期や先輩社員とお話しすることが出来ました。

あと、先輩社員の中に、僕と同じK大学出身の方が2名
も参加していたので驚きました!!

<19:00>
懇親会の後は、何名かの同期が集まって
2次会をやりました。

参加してみて「けっこう色んな人がいるなぁ~」と思いました。

<22:10>
帰宅。




内定式は色んなことがあったので、多少疲れましたが、
終わりよければすべてよしです。

これからは、内定式でいただいたJavaの本で勉強したり、
通信教育で勉強したりと忙しくなりそうですが、
来春の入社へ向けてがんばります。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック